福祉施設・介護施設・商業施設・社屋の外構設計は【アトリエアムニー!】で

WELFARE FACILITY
福祉施設・医療施設・商業施設の外構と庭の設計

マンション等集合住宅、ホテル等宿泊施設、医療・介護施設(グループホーム・老人ホーム・高齢者住宅等福祉施設・サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)・シニア住宅・医院・クリニック)、店舗、オフィス、社屋、保育所(保育園)、幼稚園、こども園、園庭、公園緑地、樹木葬等霊園の外構設計、ランドスケーププランニング、工事をお受けしております。 基本計画策定、基本設計、実施設計、積算、施工管理など多岐に渡ります。【アトリエアムニー!】でお受けする仕事の半分は工務店・エクステリア施工会社、リフォームメーカー、設計事務所、医療法人、社会福祉法人、各種企業です。デザインで悩まれないでお気軽にご相談ください。御社にとって必ず素敵な作品になるはずです。

福祉施設・高齢者施設・介護施設の庭と外構


https://www.g-mark.org/award/describe/49722?token=LjePlNmNEy
【アトリエアムニー!】がランドスケープデザイナーとして参加する「医、食、住と学びの多世代交流複合施設 アンダンチ」が2019年度のグッドデザイン賞を受賞しました! グッドデザイン賞は、公益財団法人日本デザイン振興会の主催で、毎年デザインが優れた物事に贈られる賞であり、日本で唯一の総合的デザイン評価・推奨の仕組みです。
福祉施設・高齢者施設のランドスケープ 福祉施設・高齢者施設のランドスケープ

高齢者福祉施設の庭が果たす役割

老人ホームに代表される介護施設・福祉施設の設計のなかでは庭づくりが重要であることは次の点にまとめられます。

●五感で感じとれること。
●四季の移ろいを感じ取れること。
●懐かしい風景やきれいな景観に富むこと。
●日常社会とのつながりを保つため、地域との交流の場があること。
●外向的知的好奇心を展開できること。
●感染症対策に対応し、少人数で心地よく過ごせること。(家族が出会える)


などです。
どれも建築施設本体のみでは体現することが難しい部分です。 しかしながら、庭に配慮した施設設計がまだまだ少ないのが現実です。本来、菜園づくりや、ガーデニング、散策など利用される高齢者にとってお庭での楽しみは尽きないはずです。高齢者にとって介護度が高くなるほど自分で外の庭に出て散策するというのは難しくなり窓から見て楽しむ風景の世界へとガーデンの果たす役割も変わっていきます。このように利用者の様々なステージに対応した庭造りが求められます。デイサービスやショートステイなどのひと時の時間を楽しむ高齢者の大切な時間に自然と関わることがとても大切です。
園庭計画について2 総合的かつ柔軟な計画
(1) 各施設部分・空間等は,相互の調和や全体的な景観に配慮し,園舎周りの屋外空間や屋上等を含め,園地全体を活用して幼児が活動できるように,園舎部分との連続性に配慮して計画・設計することが重要である。
(2) 幼児の多様な活動の展開に柔軟に対応するため,可動遊具の導入等により各施設部分の空間配分及び配置の再構成が可能な計画とすることが望ましい。
(3) 文化的な環境づくりのために,舗装面の装飾やモニュメントの設置等を計画することも有効である。
(4) 環境に配慮した取り組みとして,太陽光を利用したモニュメント,風力発電装置,雨水浸透トレンチ等の設置について総合的に計画することも有効である。
(5) 保護者と教職員,保護者間の交流の場としての機能を充実させるため,園庭にベンチ,庭等の空間を計画することも有効である。
(6) 保育所との連携を行う場合は,相互の園庭の共用化を考慮した計画とすることも有効である。

第2 運動スペース
(1) 敷地の形状を有効に活用し,変化に富み,遊びながら様々な活動を体験したり挑戦したりできる空間として計画・設計することが望ましい。
(2) 運動や遊びの種類,設置する遊具の利用形態等に応じて,必要な面積,形状等を確保できる計画・設計とすることが重要である。
(3) 構造及び仕様は,表面が平滑で,適度な弾力性を備え,また,適度の保水性と良好な排水性塵を確保するように計画し,設計することが重要である。
(4) 表層部分の材料は,けがの防止,維持管理の方法,ほこりの発生防止等に十分留意しつつ,運動等の内容に最も適した種類を選定することが重要である。
 芝生を用いる場合には,気候・土壌条件,維持管理方法等を考慮し計画することが重要である。
(5) 必要に応じ,東屋やパーゴラ等,日除けのための施設を適当な通風の得られる位置に設けることも有効である。
(6) 屋上で運動する計画とする場合は,安全管理面に十分留意しつつ,運動の内容等に適した機能を確保するよう形状,仕上げ等を計画することが重要である。その際,活動に伴い発生する騒音やボール等の落下などによる周辺地域等への影響に十分留意することが重要である。

第3 遊具
(1) 固定遊具等は,自然の樹木や地形の起伏等を遊具として活用することや衛生面も考慮しつつ,幼児数や幼児期の発達段階,利用状況,利用頻度等に応じ必要な種類,数,規模,設置位置等を検討して,幼児のみで利用しても十分な安全性及び耐久性を備えた仕様のものを選定することが重要である。特に,朝礼台や金属のポール等は必要に応じ,カバーを設置する等衝突事故防止に配慮した計画とすることが重要である。また,幼児の想定外の使い方による落下,衝突,転倒などに配慮することが望ましい。
(2) 固定遊具,可動遊具ともに定期的に安全点検を行い,破損箇所の補修を行う等日常的な維持管理を行うことが重要である。とりわけ,揺れ,回転,滑降等を伴う遊具の設置については,安全性確保の観点から慎重に対処することが望ましい。
(3) 固定遊具の支柱の基礎部分及び遊具の周りは,幼児の安全に配慮した仕上げ,構造等とすることが重要である。
(4) 幼児の興味や関心,遊びの変化等に応じ遊具の再配置が可能となるように,可動遊具や組立遊具を安全性に留意して導入することも有効である。

第4 砂遊び場,水遊び場その他の屋外教育施設
1 砂遊び場
(1) 安全面及び衛生面における維持管理に十分留意しつつ,適当な面積,形状,砂質等のものを確保することが重要である。
(2) 日当たりが良く安全かつ効果的に利用できる位置に計画することが重要である。
2 水遊び場
(1) 水質管理ができるプール等の水遊び場を計画することが望ましい。また,水質管理や利用形態に十分留意しつつ,幼児が楽しく遊べる小川や池,可動式の水遊び場を計画することも有効である。
(2) 日当たりが良く,安全かつ衛生的に管理できる位置に計画することが重要である。
3 その他の屋外教育施設
(1) 動植物の飼育,栽培のための施設を,安全面及び衛生面に留意しつつ,計画することも有効である。その際,幼児が活動しやすいよう配慮することが望ましい。
(2) 敷地内に地域の自然を活用したビオトープ※を計画することも有効である。
※ビオトープ:
水生植物,水生動物等の観察ができる小川,池等をはじめとする生物の生息空間

(3) 敷地内に,幼児が登ったり駆け下りたりできる築山,通り抜けができるトンネル,泥遊びができる場所等を安全面及び衛生面に留意しつつ計画することも有効である。
(4) 憩い,食事,交流等の場として,ステージ,ベンチ等を設置することも有効である。
【アトリエアムニー!】がデザインする介護施設・福祉施設のガーデン設計では、設計事務所との協働などにより、これまで培ってきたガーデンセラピー・園芸療法などの視点や幼稚園・保育園などの遊具設計を土台に、利用者の皆様・職員の皆様の双方が利用していて気持ちのいい施設づくりを行っています。 安心安全を考え、介護施設・福祉施設・高齢者住宅などではバリアフリーはもちろん、利用者の皆様が生涯楽しめ、充実した暮らしを営めるような工夫を凝らしています。

マンション・サービス付き高齢者向け住宅・老人ホーム・サ高住の庭とランドスケープ設計 マンション・サービス付き高齢者向け住宅・老人ホーム・サ高住の庭とランドスケープ設計

マンション・高齢者施設のインナーガーデンのランドスケープデザイン

医療施設と一体になることで得られた快適な屋内空間での暮らしは、入居者の外部空間へのアクテビティーをある意味遠のかせていると感じられることがあります。インナーガーデンは屋内空間と外部空間をトーンをもって優しくつなぐリビングガーデンとして計画します。入居者はリビングガーデンがあることで、中、外を抵抗感なく行きかい、季節の移ろいを感じながら暮らしていくことができるようになるのです。
小さな施設だからこそリビングガーデンはとても大切です。皆様もどうか自分自身では外へ出られない高齢者の気持ちをイメージしてみてください。入居した住宅が終の棲家になったときの自然とのふれあいを想像してみてください。その時、庭の大切さがわかってくると思います。

Show Room

南欧風モデルハウスエクステリア セキスイハイム高齢者住宅

マンション・サービス付き高齢者向け住宅・老人ホーム・サ高住の庭とランドスケープ設計
高齢者にとって手の届く高さでガーデニングを楽しめることはとても大切です。
ここでも、レイズドベッド(高床花壇)をなるべく多く設け高齢者の足腰の負担を軽減するよう心がけました。介助者を伴った車いすの移動ができるようにスロープも複数設け施設内はバリアフリーです。スロープには弾力性に富んだゴムチップ舗装を採用しました。

エクステリア セキスイハイム
ここにもレイズドベッドを設けました。
園芸療法などにも使われる高床菜園は市販品もございます。



インナービスタとしてのランドスケープデザイン

企業社屋・福祉施設外構とランドスケープ
医療施設に多くみられる室内から眺める景観も四季の移ろいを感じられるよう、樹林の中に佇むペンションのイメージに仕上げます。

Tile Terrace
樹木葬、ゴルフ場セミインナーガーデンの庭づくり

樹木葬、ゴルフ場エクステリア 老人ホーム、ゴルフ場外構工事
高齢者や若い主婦層がなごむレクリエーション施設のインナーガーデン
自然素材を取り入れて心地よい空間に仕上げました。

Cafe Terrace
マンション・サービス付き高齢者向け住宅・樹木葬等霊園・老人ホーム・サ高住の庭とランドスケープ設計 ホテル&リゾート カフェテラス
車いす利用ができるようバリアフリーのカフェテラスにしました。



クリニック・医院


クリニックの緑化デザイン

クリニック外構工事、駐車場
病院、医院、クリニックなどの医療施設の設計においても庭づくりがとても重要になります。
日々通院される患者にとって、医院やクリニックの庭は触れ合える機会の少ない自然の一部です。
【アトリエアムニー!】がデザインする医療施設のガーデン設計でも、建築事務所とコラボレートなどにより進めています。



インナーグリーン・保養施設
岩手県別荘・樹木葬等霊園・駐車場埼玉県戸田病院リフォーム工事

Landscape
岩手県のゴルフ場のランドスケープデザイン2 ゴルフ場のランドスケープデザイン
ゴルフ場のランドスケープデザイン
たった1本の樹木でもこれまでと違ったランドスケープを作りだすことができます。

商業施設の庭

Hotel Entrance
商業施設の改装工事は営業しながら進めることが多く、工事工程がとても大切になります。
良いデザインを実現することは当然のことですが、いかに営業損失を少なくするかを求められることが多いです。
盛岡市ホテル&リゾート ホテルエントランス・駐車場
ホテルのエントランスは宿泊者がチェックインする夕方の景観がとても大切になります。
夜のビスタ(景観)をいかに印象づけるか、おもてなしの気持ちがデザインにも表れてくるものです。

Hotel Entrance
盛岡市ホテルズ&リゾート ホテルエントランス・駐車場
Hotel Entrance-2
ホテルエントランス・駐車場
夕暮れのランドスケープ

盛岡市ホテルリフォーム工事

盛岡市ホテルリフォーム工事2 盛岡市ホテルリフォーム工事3

カフェエントランス
カフェエントランスでは感染症対策がとても重要です。ソーシャルディスタンスでのすれ違いができるように広い空間をとりました。手が触れないよう自動ドアに交換しました。 感染症対策の自動ドアに交換しました。
感染症対策の広いエントランス
インテリアデザイナーと共に素敵な店舗デザインを実現できました。石だたみがおしゃれです。夕暮れのランドスケープ。感染症対策の広いエントランスと自動ドア。



Wedding Approach
岩手県・ウエディング広場 ウエディングアプローチ

Wedding Piazza


栃木県・保育所園庭のコテッジガーデン
イベントパース
埼玉県・工場外構工事と保育所園庭・駐車場
工場の緑の駐車場
工場法、地域協定など様々な決まりをクリアーしながら設計を進めていきます。
宮城県・駐車場設計

Projects お庭と外構・エクステリア・福祉施設・商業施設・店舗・工場など

青森県・デッキテラス・フェンスの外構工事 宮城県のタイルテラスガーデン工事 福島県・宮城県・欧の庭とアプローチ駐車場工事 山形県・ガーデンリフォーム・コニファーガーデン工事 岩手県・庭リフォーム・新築外構工事・犬小屋・ワンちゃん・ネコちゃんガーデン